torokuword1

 

 

実績証明

 

 

 

 

 

 

プロフィール

 

賀門 宏一

製造業向け事業再生プロデューサー
フューチャシップ(株)代表取締役

1957年生まれ、横浜市在住

 

経歴

 

OA機器メーカー、海外EMS企業など国内外の製造業で30年以上にわたる製品開発現場での経験から、モノづくり日本、日本の製造業を再び元気にすることを目指し、メーカー企業に対して組織改革、開発戦略策定支援を行っている。大手精密器メーカーでハードウェアエンジニアとして新製品開発、また独自半導体開発などで活躍後、ヘッドハンティングによって海外半導体関連企業に転職。しかし、そこで日本企業との間で双方の文化の違いによる多数のトラブルに直面。日本流が世界で通用しないことを実感する。

 

その後、海外企業の立場で、日本企業向けの液晶テレビ、通信機器、車載機器などの開発プロジェクトを成功させ、多数のヒット商品を世の中に送り出してきた。

 

さらにその後、中小企業経営などを経験して大手日本企業に開発責任者として復帰し、新規技術開発部門を統括する立場で、5年間で3つの新製品を立ち上げ売上アップに貢献した。

 

日米企業30年以上の経験を活かしつつ、リーン製品開発、TOC(制約の理論)、ジョブ理論などの手法を活用し、企業経営の経験から得た様々な経営理論などを融合させた独自の手法によって、日本製造業の活性化に日々奔走している。

 

 

 

 

フューチャーシップのコンサル・サービス

 

製造業向けコンサルティング

  • 新規事業立ち上げ支援
  • 開発組織改革による開発期間短縮
  • 技術者の人材育成
  • 開発戦略・技術戦略立案

 

※料金・詳細についてはこちら

 

 

 

メールアドレスを登録いただくと、無料でダウンロードできます。

さらに、弊社代表著「ジョブ理論による事業創出(pdf版)もダウンロードできます。

 

 [ステップ1] 思考プロセス

  •  ・何を変化させ、何に変化させるか?
  •  ・自社の本当の強味を知る20の質問とは?

 [ステップ2] 問題の本質を捉える

  •  ・問題を起こすのは人の行動
  •  ・問題の背景にある対立構造とは?

 [ステップ3] 儲かり戦略

  •  ・NO.1の尖がり戦略をどう作る?
  •  ・自社の価値を3秒で伝えるには?

 [ステップ4] 顧客の進化を先取り

  •  ・顧客の進化を先取りするジョブ理論とは?
  •  ・顧客が言わないことを聞き取る

 [ステップ5] 技術から事業

  •  ・アナロジー思考によるアイデア発想とは?
  •  ・ダイソン発明の裏にあるアナロジー思考

 [ステップ6] 開発の無駄を排除する 

  •  ・知らないことを知るから始める手戻りなしの開発法とは?
  •  ・社内の知識を結集するA3報告書とA3マネージメント

 [ステップ7] 継続的成長

  •  ・学習サイクル、知識再利用を定着させる
  •  ・”喜び”に満ちた会社を創る

 

 

さらに、

「ジョブ理論による事業創出(pdf版)」を進呈します。

 

 

torokuword1

 

【規約】

運営者情報